生活習慣病の1つ|身近に潜む現代病の原因|コレステロールが諸悪の根源
女の人

身近に潜む現代病の原因|コレステロールが諸悪の根源

生活習慣病の1つ

栄養剤

食事の制限や運動を行う

高血圧は血圧が正常値を超えて高い状態にあることで、これは生活習慣病です。生活習慣病は併発することが多く、高血圧も例外ではなく糖尿病や高脂血症などを一緒に発症することが多いので気を付けることが大切です。高血圧の人は血圧を下げるための食事や有酸素運動を生活に取り入れる必要があります。食事においては塩分や脂肪分を控え摂取カロリーも減らします。飲酒はほどほどの量は良いですが毎晩の晩酌などは控えます。たんぱく質やポリフェノールなどを多めに摂り、塩分を排出させる働きのあるカリウムを含むバナナやキュウリなどを積極的に摂るようにします。また、有酸素運動は高血圧を下げるのに効果的なのでウォーキングや息が上がらない程度のジョギングなどがお勧めです。

降圧効果のある成分

血圧を下げるのには食事や運動も大切ですが、血圧を下げる作用のあるサプリメントを併用して摂ることで効果が上がりやすくなります。どのような成分が血圧を下げるのかというとカリウムやカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類のサプリです。特にカリウムは血中の塩分濃度を下げるので摂るようにしましょう。ニンニクに含まれるアリシンも効果のあるサプリです。DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸を摂ることで血液の流れが良くなり、悪玉コレステロールを減らす作用もあります。この他にもタウリンやリグニンなどに良い効果をもたらす成分があります。高血圧で動脈硬化などを起こさないように、これらの成分が入っているサプリを摂ることをお勧めします。