ウーマン

身近に潜む現代病の原因|コレステロールが諸悪の根源

免疫に働きかけます

ドラッグ

新聞広告などで取り上げられる機会が多くなったフコイダンには、様々な健康効果があることが知られています。特にナチュラルキラー細胞活性化によって、免疫力の向上に貢献する効果もあります。その一方で過剰なIgE産生を抑制して、免疫調整機能の効果も期待できます。

もっと詳しく

健康食品やサプリ

女性

昔に比べると、種類や効果がかなり増えた健康食品やサプリメントは、ドラッグストアやネット通販で気軽に購入できるようになりました。糖尿病では、多くの栄養素をバランスよく摂取する必要があるので、食事で足りない成分はサプリメントで補うのが効果的です。

もっと詳しく

何事もバランスが大事

サプリ

必要でも増えすぎは駄目

血液検査などでコレステロール値が高いと言われたことのある人は少なくないでしょう。コレステロールには善玉と悪玉があり、これらのバランスが崩れて悪玉が優勢となることによってさまざまな病気を引き起こす原因になると言われています。コレステロールというと悪者のイメージを持っている人が多いようですが、実はそもそもの役割は細胞膜のもとになったり、筋肉を形成するホルモンを形成したり、血管を強くしたりするもので、体にとってなくてはならないものなのです。しかし、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが崩れると、たちまち体に悪影響を及ぼすのです。心筋梗塞や狭心症、動脈硬化、脳梗塞など、命に関わる症状の引き金になってしまいます。

食事で改善

コレステロールに大きな影響を与えていると考えられているのが普段の食事です。脂質や糖質のとりすぎ、最近話題になることの多いトランス脂肪酸のとりすぎなどがあげられます。食事による影響が大きいということは、逆に言えば食事で改善することも可能ということです。悪玉コレステロールを下げるのに有効な食材として、魚介類、青魚、海藻類、きのこ類、根菜類などがあげられます。これらの食材をバランスよく摂取することで、コレステロール値の改善が期待できます。しかし、忙しい現代人にとって食生活の見直しは容易ではありません。そんな人に人気なのが、健康食品やサプリメントで摂取する方法です。健康食品やサプリメントには、効果的な栄養素がバランスよく、吸収されやすい形で配合されているので効率的です。手軽に続けられるのも魅力です。コレステロールも食事も重要なのはバランスだと言えますね。

生活習慣病の1つ

栄養剤

高血圧とは血圧が正常値を超えて高く維持されていることで生活習慣病です。血圧を下げるには普段から食生活に気を付け、有酸素運動などを行う事が必要です。その他にも血圧を下げる成分のサプリを摂ることもお勧めです。

もっと詳しく